バトルスピリッツ攻略ブログです。主にニコニコ動画に上げた動画の解説を行っています。


LATEST VIDEO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カードの偏り 

みなさんは、同じデッキで何回ぐらい勝負していますか?
(ここでいう同じデッキを使ってというのは、デッキ内容を一枚も変えずに勝負すること)
おそらく、全く手を加えずに今まで使い続けている人は少ないと思います。

今回は、「カードの偏り」について具体的な検証を行ってみました。


●検証
・40枚のデッキを構築する。
・その中に、ある特定のカードAとBを3枚ずつ投入。
・40枚からランダムに10枚選択。→この試行を100回繰り返す。
・その10枚の中に特定のカードAとBが含まれる枚数の期待値を算出。

→この10枚というのは、だいたいこれぐらいで勝負が決まるであろうと言う目安です。

●結果
【A】
0枚 ・・・ 32
1枚 ・・・ 37
2枚 ・・・ 23
3枚 ・・・ 8
平均 ・・・ 0.5枚
少なくとも1枚 ・・・ 0.68


【B】
0枚 ・・・ 18
1枚 ・・・ 55
2枚 ・・・ 23
3枚 ・・・  4
平均 ・・・ 1.5枚
少なくとも1枚 ・・・ 0.82


●考察
同じ三枚積みのカードのはずが、AとBで1枚も差が開いています。
100回という限られた回数の中での話ですが、
全く変化の無いデッキを100回使い続けていますか?
私自身は、100回も同じデッキを使うことはまずありません。
数枚の変化をある程度与えていきます。

この結果を見ると、3枚積みのカードが引けない理由が目に見えます。
さらに、これだけの差が開くとなると、これは勝負を左右しかねません。

つまり、状況に応じてある特定のカードを引いてくるのは、かなり困難であることが分かります。


スポンサーサイト
[ 2010/04/10 11:48 ] COLUMN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

MEMBERS






COMMENTS

openclose

ACCESS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。