バトルスピリッツ攻略ブログです。主にニコニコ動画に上げた動画の解説を行っています。


LATEST VIDEO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

理論値と実践値

フォスターです。


先日、訓練所でも持ち上がったテーマですが、
バトスピにおける、理論値と実践値について書いてみたいと思います。
(実践知とは若干異なります。)


バトスピで言う理論値と実践値というのを区別して考えると;

【理論値】
・このように回れば勝てる
・3枚積みのカードは1枚積みのカードよりも引きやすい(※引く確率が高いのではない)

【実践値】
・実践値なので、明確な定義わけは難しい。
 →定義していまうと、理論値になってしまう。


例えば、『表彰台』などのコンボでっきは、理論値のデッキである。
さらに、理論値で言えばおそらく最強のデッキだろう。

また、『ビート系』のデッキは、実践値のデッキである。
状況に合わせて攻撃の手を変える事ができる。


上の2点は極端な例なので分かりにくいかもしれないが、
簡単に言うならば、
明確な勝ちパターンがあるか否かで差が生じると思われる。


バトスピのデッキレシピを見ていると、この「理論値」「実践値」のどちらかに分類することができる。

今回2回に渡って紹介したデッキのうち、
MAAの「GOMIDORI」以外は全て理論値のデッキ。

大天使、心重ねて
イスフィールからのコンボが決まれば勝てる→決まらなければ・・・?

氷姫ロック
サーガで耐えてからのアタック→サーガが引けなければ・・・?

夜の帳
常闇の聖堂で夜族を使いまわすorコア除去→両者とも揃わなければ・・・?

対して

GOMIDORI
殴って勝つ


この、「殴って勝つ」という考え方では、スピリット個々の性能の面で圧倒的に優位。
優秀なスピリットを揃えたデッキ、言い方は悪くなるが、
優秀なスピリットを揃えただけのデッキ。
これが、実践値では強いデッキになりうる。
スポンサーサイト
[ 2010/03/01 22:53 ] COLUMN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

MEMBERS






COMMENTS

openclose

ACCESS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。