バトルスピリッツ攻略ブログです。主にニコニコ動画に上げた動画の解説を行っています。


LATEST VIDEO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バトスピを統計で考えてみる

フォスターです。

前日紹介した、「デッキ調整用マクロ」を用いて色々と計算してみました。


●サンプル構成
スピリット 25
マジック  10
ネクサス   5

個人的に考えた標準的な枚数の構成です。
これをベースに統計データを整理します。

○初手に来るスピリット:マジック:ネクサスの割合

スピリット → 2.7±0.3枚
マジック → 1.2±0.1枚
ネクサス 0.1±0.1枚

これは、10回の試行の統計データです。
これだけを見ると割と現実的な数値であるように見えます。


○30回の試行中、初手にあるスピリット数
グラフ_01
このような分析データもあります。


ご覧のように、統計によると3枚弱のスピリットが多いはずが
それ以外のほうが多いという結果がでます。


さて、
ここまでの記述内容に不確定な要素が沢山あります。
的確な測定回数な上での統計データなのか
測定回数が異なるデータの比較に意味はあるのか
      →測定回数が少なすぎるのではないだろうか


測定回数を1000回、10000回と繰り返せば、おそらく値は収束するでしょう。
しかし、
その値に意味はありません

同じデッキで1000回や10000回対戦することは、まずないでしょう。

仮にそれだけの回数をこなしたとしても
1000回やればちゃんと回るんだ
この発言に意味はあるでしょうか?


つまり、
いくら計算上で回るデッキレシピが存在したとしても、それは意味がありません。

ただし、
計算上で回らないデッキレシピにも意味はありません。


公開したマクロは
回るデッキを作るため
ではなく
回らないデッキを作らないため
この認識で使用してくださるといいと思います。




スポンサーサイト
[ 2010/01/31 01:42 ] COLUMN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

MEMBERS






COMMENTS

openclose

ACCESS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。