バトルスピリッツ攻略ブログです。主にニコニコ動画に上げた動画の解説を行っています。


LATEST VIDEO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カード考察 英雄龍の伝説(紫)

フォスターです。

メンバーが多色のレビューを書いてくれたみたいなので、折角なら全色のレビューを書きたいと思います。今回は、紫のレビューをしていきます。

総合的な評価としは、多色にも言えることですが過去のカードの「亜種」が多いように見えます。
そういった意味では、特に目新しさは無く、フラットな収録になっていると思います。

レビューについては、続きを読むからどうぞ。
●カードレビュー 英雄龍の伝説 紫

・シキツル
スピリット
3(2)/紫/魔影
<1>Lv1 1000 <3>Lv2 2000
Lv1・Lv2『このスピリットの召喚時』
自分はデッキから1枚ドローする。

従来のキャントリップシリーズに比べてBPは低いが、軽減が一つ多い。
軽減が一つと二つではウィニータイプではかなり異なるのでデッキタイプによってはこちらを優先し

たい。
このタイプのスピリットには思い入れがあるので、さらに掘り進めて考えたい。
もともと存在する3種は、
・グリプハンズ・・・BP2000,3000
・ブロンズメイデン・・・BP1000,3000,4000
・魔法剣士ドラゴナーガ・・・BP2000,3000,7000
がある。
BP効率を見ると、軽減が一つ増えたことで失ったものは大きい。
相対的な評価を下すと、「BP4000以下の破壊」カードが環境に多いため、
1000も4000も特に意味を成さないケースは多い。
一方で、殴り合いの勝負になった際は、BPの低さは致命的になる。
加えて、一つ前の環境では、「サジッタフレイム」を考慮する必要があった。
BPが1000では、まとめて3,4体破壊される場面もしばしばある。
4種全てを積むのであれば特に問題は無いが、枚数を考える際に着目すべきは「サジッタフレイム」だと考える。

・ナスノ・アーチャー
スピリット
5(3)/紫/覇皇・無魔
<1>Lv1 3000 <3>Lv2 5000 <5>Lv3 7000
【バースト:自分のライフ減少後】
自分のトラッシュに紫のカードが4枚以上あるとき、このスピリットカードを召喚する。
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの破壊時』
疲労状態の相手のスピリット1体を破壊する。
Lv3『このスピリットの破壊時』
このスピリットは手札に戻る。

序盤からのバースト召喚に期待するのは難しい。
加えて、序盤から召喚しても大したアドバンテージは期待できない。
バトル時は基本的に1:1交換が取れるスピリット。
系統もサポートの多い無魔なのでデッキ次第では採用できる。
lv3で破壊時に手札に戻る効果があるが、維持コアが多いために運用は難しい。

・シュテン・ドーガ
スピリット
5(2)/紫/魔影
<1>Lv1 3000 <3>Lv2 5000
Lv1・Lv2『このスピリットの召喚時』
自分のトラッシュにある系統:「魔影」を持つ
コスト3以下のスピリットカード1枚を、コストを支払わずに召喚できる。
Lv1・Lv2
自分のバースト効果で、相手のスピリットから相手の
リザーブ/トラッシュに置かれるコアの数を+1個する。
Lv2
自分のバーストをセットしている間、
系統:「魔影」を持つスピリット1体につき、このスピリットをBP+2000する。

二つの常駐効果と召喚時効果を持つ。
一つ目は、「紫魂葬」「カオティック・セイメイ」等のバースト効果を強化する。
二つ目は、BPの底上げ。
自身が魔影なので<3>7000になるところは嬉しい。
召喚時効果は、リアニメイト能力。
自身の重さをカバーする効果と言える。
上手くハマれば、厄介なスピリットになりうる。

呪の覇王カオティック・セイメイ
スピリット
8(4)/紫/覇皇・魔影
<1>Lv1 5000 <3>Lv2 8000 <4>Lv3 11000
【バースト:相手による自分のスピリット破壊後】
相手のスピリットのコア1個を相手のトラッシュに置く。
このバースト発動時に紫のスピリットが破壊されていたら、さらに、自分はデッキから1枚ドローする。
その後、このスピリットカードを手札に戻す。
Lv3【呪滅撃】
このスピリットが相手によって破壊されたとき、
相手のライフのコア1個を相手のトラッシュに置くことで、このスピリットは回復状態で自分のフィールドに残る。

初のキーワード【呪滅撃】を持つ。
しかしながら、BP11000を破壊する手段は多くない。
バウンス系効果、疲労系効果、数押しには無力であり、発揮するのは困難である。
一方、バースト効果の方は使い勝手は悪くない。
ただし、自分のスピリットが破壊される前提のバーストとしては効果が薄い。
コアを一つをトラッシュに送るだけでは、相手のスピリットを破壊しない限りはアドバンテージは取りにくい。
紫のスピリットが破壊された時にバースト効果を使用した際は、ドロー効果が着くので、そちらをメインに据えた運用のほうがいいだろう。

紫魂葬
マジック
3(2)/紫
【バースト:相手による自分のスピリット破壊後】
自分のスピリットのコア3個を自分のトラッシュに置くことで、相手は、相手のスピリットのコア3個を相手のトラッシュに置く。その後コストを支払うことで、このカードのフラッシュ効果を発揮する。

フラッシュ:
相手のネクサス1つのコア全てを相手のトラッシュに置く。

「マインドコントロール」「マインドブレイク」の亜種。
効果自体は下位種に当たるが、バースト効果なので狙ったタイミングで発動するのは難しい。
しかし、バースト効果になったために「カウンター」として運用できる可能性もまた増えている。相手のアタックステップに使用できれば、相手の計算を狂わせることができる。

骸の斜塔
ネクサス
4(2)/紫
<0>Lv1 <2>Lv2
Lv1・Lv2『相手のメインステップ』
スピリット/ブレイヴ/ネクサス/マジックの効果以外でコアを置いた相手のスピリットを疲労させる。
Lv2『お互いのアタックステップ』
相手のスピリットが疲労したとき、自分はデッキから1枚ドローする。

度々紫で登場する、抱き合わせネクサス。
今回は、その中でもかなり強力な2枚の抱き合わせである。
加えて、コストも軽い。
ネクサスを採用したいのであれば、まず候補に上がる一枚か。
スポンサーサイト
[ 2011/10/17 15:58 ] REVIEW | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

MEMBERS






COMMENTS

openclose

ACCESS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。