バトルスピリッツ攻略ブログです。主にニコニコ動画に上げた動画の解説を行っています。


LATEST VIDEO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バースト環境対応 試作デッキ

フォスターです。

バースト実装ということで、久しぶりにショップバトルに行ってきました。
使用デッキはこちらです。
赤コントロール

また、「バースト実装記念 番外編」においても、こちらのデッキを使用しています。
番外編については、別で記事にしたいと思います。

今回は、ショップバトルの考察をしていきたいと思います。
まずは、簡単なデッキ紹介をします。

●赤コントロール
【スピリット】17
・アルマジトカゲ2…軽減用
・ワンケンゴー3…序盤からのボード制圧用
・シュリケラプトル3…同上
・ロードドラゴン3…試験運用&ブレイヴ拠点
・北斗(赤)3…ブレイヴ拠点
・天地神龍ガイアスラ3…フィニッシャー

【ブレイヴ】9
メガバイソン3…対バースト
ペンドラゴン3…コントロール用
ケルベロード1…フィニッシャー
フェニックソード1…対ネクサス
ホークブレイカー1…対バースト

【ネクサス】2
英雄皇の御盾2…攻守共に優秀

【マジック】5
ミストカーテン2…ピンポイント
ブレイヴドロー3…ドローソース

【バースト】9
バーストドロー2…ドローソース
バーストクロス2…はまれば強い
バーストフレイム2…主に手札から使用
バーストウォール3…ウォールと差し替え

●コンセプト
今回は、全力でバーストをケアしたデッキでショップバトルに臨みました。
「北斗」は召喚時効果持ちなので入れるか迷いましたが、
「ホークブレイカー」「メガバイソン」と共に出せば「バーストクロス」は回避できるので採用。
上記の二つのブレイヴは、「バーストフレイム」対策として採用。
ショップバトルでは実際に良い動きをしてくれました。

次に、毎ターンクロックで削るようなタイプは、バースト環境では弱いと考え、
5点のプレッシャーを与えられる、「天地神龍ガイアスラ」を採用。

バーストについては、とりあえず使ってみたいと言うことでそれぞれ採用。

●ショップバトル考察
具体的に各対戦を振り返る考察は今回はせず、全体的に見てみたいと思います。
特に今回は、それぞれのバーストカードについて重点的に考えてみます。

・バーストドロー
基本的には、ハンドからのプレイ。
他にバーストカードがなければセットし、フリードロー狙い。
「ワンケンゴー」のエサとしてセットする事が多かった気がする。
次に有用なバーストを引いた際には、破棄することが多い。
しかしながら、やはりノーコストで2枚引けるだけでも強いので、序盤の選択肢としては有用に思える。

・バーストクロス
相手の北斗に合わせて発揮できればかなり強い。
特に、相手がネクサスを扱うデッキであればなお強力。
しかし、召喚時効果をほとんど持たないデッキ相手では無力なので、「伏せ得」なカードでは無い。
総合的に見て、破棄する場面のほうが今回は多かった。

・バーストフレイム
赤であれば、手札からのプレイが多いだろう。
序盤にセットするのであれば、「ロードドラゴン」のほうが今後の展開は有利になる。
相手が「2コスバインド」や「ウィニー」と読み切っていれば「バーストフレイム」も有効だが
相手のデッキが分からないうちは初ターンでのセットは勇気がいる。
基本的には、手札からのプレイがメイン。

・バーストウォール
サイレントウォールと比べると軽減が一つ少ないが、色が合わなければそこは気にならない。
序盤にセットし、相手の計算を狂わせるもあり。
サイレントウォールのように手札からプレイするのもあり。
個人的には、手札から打つ場面のほうが多いように思えた。
ライフが少なくなると伏せにくいので、序盤から伏せていくのが有用かもしれない。

・ロードドラゴン
序盤からバースト経由で召喚できるとかなり強力。
後続の軽減、ブレイヴの拠点、アタッカーと役割は色々。
「バーストマジック」を比較して、やはり直接スピリットが召喚できるのは強力。
フィールドに出た後も、回復効果で殴り勝つこともでき、様々なデッキで活躍できる。
ショップバトルではビートダウンが多かったので、活躍の場面が多かった。
スポンサーサイト
[ 2011/09/21 13:27 ] DECKS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

MEMBERS






COMMENTS

openclose

ACCESS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。