バトルスピリッツ攻略ブログです。主にニコニコ動画に上げた動画の解説を行っています。


LATEST VIDEO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第35回 対戦動画考察

フォスターです。

動画以外にブログの更新がありませんので、対戦動画の考察をしてみたいと思います。
具体的には;
・デッキコンセプト
・プレイミスの訂正
・コメントの返信
などをしていきたいと思っています。

それでは、今回は第35回の考察をしていきます。

●赤vs赤について
現在、「赤」というカラーを考えると、除去スピリットとして;
・シュリケラプトル
・アクウィラム
・レオグルス
・マルス・ドラグーン
(今回とはアーキタイプが異なりますが、シーサーペンダー、ガンディノスetc)
などが考えられます。

また、除去ブレイヴとしては;
・ペンドラゴン
・フェニックキャノン
・アンフェスバエナー
が考えられます。

10弾からしばしば議論に上がっていましたが、
「序盤のボード」を赤相手に確保するのは、非常に難しいと思われます。
序盤のボードが確保できないと、
後続の軽減やブレイヴ対象が無くなり、展開(テンポ)がかなり阻害されます。
言うまでもありませんが、今回のようなアーキタイプの強みはそこにあります。

今回の動画では序盤の「焼き合い」が顕著に表れていました。
これにより、お互いに仕掛けるタイミングがかなり遅れています。
また、数を並べたり、大型を展開することがなかなかできません。

動画では、ソラテラスが途中で息切れを見せ、このタイミングで主導権をやsが握り、
そのままラストまで持って行く事になりました。

赤の除去パーツは基本的に「BPを参照」するものが多いため、終盤は腐ることが多いです。
(ペンドラゴンの強い理由はそこにある)
しかし、「マルス・ドラグーン」により不利なボードを終盤から一気にひっくり返す事が可能になりました。
エースとしても強く、終盤のお守りとしてもかなり優秀なパーツです。
今回の動画では、まさにそのような活躍が見られたかと思います。

●コメントへの対応
・ブレイヴドローの戻す順番について
私自身でも確認しましたが、公開情報です。
コメントにてお答えして下さった方は、ありがとうございました。

・スターリードローについて
アンフェスバエナーを加えている場面がありましたが、プレイミスです。
申し訳ありませんでした。

・ガストンについて
ガストンは裁定に変更があり、
「自身のBP以下の相手スピリットを破壊した際、そのスピリットかブレイヴをトラッシュに送る」
という効果になっています。
ブレイヴ単体のBPを上回っていても、そのブレイヴを破壊することはできません。
(スピリット状態のブレイヴは除く)

・ユニゴーントについて
御指摘ありがとうございます。
「破壊時効果を解決してからトラッシュに送る」が本来のルールですので、今回のような解決手順はプレイミスでした。明確なプレイ手順を踏むよう、気をつけていきます。
スポンサーサイト
[ 2011/06/29 19:50 ] OBSERVATION | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

MEMBERS






COMMENTS

openclose

ACCESS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。