バトルスピリッツ攻略ブログです。主にニコニコ動画に上げた動画の解説を行っています。


LATEST VIDEO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バトスピ訓練所 第六回

バトスピ訓練所、管理人のフォスターです。
最近はブログ更新をやsに任せていたので、久しぶりに更新していきたいと思います。

現在、バトスピ訓練所には5人のメンバーがいますが、動画に登場している主なメンバーは「やs」「MAA」と私の3人。
動画を全て見ていればなんとなく分かるかも知れませんが、この3人は担当している色がそれぞれあります。

・フォスター:(白)・(青)
・やs:(黄)・(赤)・(紫)
・MAA:(緑)

基本的に、色ごとに所持カードを共有することで、お互いに強いデッキを作っていこうという理念の元に成り立っています。




さて今回は、

帰ってきたベヒードス(青) vs コアシュートwithペンタン(紫・黄)

・ハンドアドがとれない青。
・ハンドアドのとれる紫。

勝負の一番のポイントはここではないでしょうか。
しかし、今月発売された「轟天のヘブンズドア」により、アドをとるカードが増えたため、以前の環境よりも戦える形にはなりました。

・紫はドローソースによるハンドアド、コアシュートによる場アド。
・青はコスト帯破壊による場アド。

一見すると紫に分があるように思えますが、青の破壊は単体ではなく、複数をコア数に依存せずに破壊できるカードが多い。
『レーヴェン』『エウリュトス』etc.

このあたりのカードをうまく運用することで、場アドをとっていくことで、紫との差を詰めることができるはずです。


今回の対戦では、やsのコアシュートに大分苦戦を強いられました。
転召はコストが重いので、返しにコアシュートされる危険性が高い。
しかしそこは無いことを祈って果敢に攻めていきました。
結果的にはミスとなった場面もあれば、問題なく終わった場面もあります。

ハンドアドは紫にあっても、こちらは軽量のスピリットを序盤に多く展開することができたので、序盤に相手のライフを積極的に削り、最後の詰めは『天の城門』からの「疑似ウィングブーツ」。

今回はこのシナジーがうまく働いてくれたため、勝ちを収めることができました。
逆に、相手の手札に重いスピリットが多く、序盤の展開力が弱かったことも助かりました。
長期戦になると、確実に紫のほうがハンドアドの面で優位に立つので、じり貧展開になる事は一目瞭然。


最後は、エンドカードを先に引いたほうの勝ちという勝負でした。

総括すると、お互いの色の個性がよく出ている対戦ではないでしょうか。


それでは、デッキ紹介のほうも是非ご覧ください。


スポンサーサイト
[ 2009/12/20 03:39 ] VIDS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

MEMBERS






COMMENTS

openclose

ACCESS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。