バトルスピリッツ攻略ブログです。主にニコニコ動画に上げた動画の解説を行っています。


LATEST VIDEO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最近の傾向

部屋の大掃除にてこずっている、フォスターです。


ブレイヴが本格投入されて、一通りデッキ構築も固まってきたころ合いだと思います。
公式HPの「バトスピフェスタ2010」のイベントレポートからも構築基盤が伺えます。

考察は続きを読むからどうぞ。


Foster's Observation ~フォスターの考察~

・まず第一に思うことは、
「ケルベロード」の採用率です。
使われても強い。
使っていてもなお強い。
基本的なビートダウンならば確実に採用可能な1枚です。

・次に、
「ケルベロード」の採用に合わせて、
「各種北斗ジーアポ」の採用率です。
これはブレイヴ環境ならば何ら問題なく投入できる1枚です。

・カラータイプとして
「緑」が台頭しているように思えます。
公式のイベントレポートでもそうですが、先日のSBでも、緑が決勝を勝ち抜いていました。


メタデッキ一覧(主観)

TIER1

緑高速
「北斗ジーアポ」に加えて「ノブナガ」を据えた高速ビートダウン。
強力なブレイヴを容易に展開可能。
「ブレイヴのグッドスタッフ」といった構成。

ギラファ・コントロール
「ギラファ・ランドウ」で制圧しながら殴るコントロールよりのデッキ。
「装甲ブレイヴ」や「高BPブレイヴ(ここでもケルベロード)」を合体させることで、
解答の無いデッキはチェックメイト。

青強襲
従来のように「ガンディノス」を主軸にしたワンマンビートダウン。
採用率の高い「ケルベロード」を軽減を含め展開可能。
「シーサーペンダー」などの優良スピリットが多い。


TIER2

・赤コントロール
「バルガンナー」「フェニックキャノン」等で相手のスピリットを除去していくデッキ。
ビートダウン的な要素が多いが、動きとしてはコントロール。
「ペンドラゴン」を入れるタイプもある。

・紫ビートダウン
コントロール力の強い紫ではあるが、速度で勝てないため、ビートダウンとなる。
バニラブレイヴ「ゲパルバート」が強力。
テンポを取ってしまえば強力な動きが可能。

・白コントロール
「ストライクジークブルム」を主軸にしたコントロール。(ギラファとの共存タイプもある。)
ブレイヴ環境なため、装甲でのメタが困難になっている。
マジックを多用するコントロールでは、事故がどうしても多い。



メタデッキをリストアップしていくと、
全てを意識することはできなくなってきている。
個人的には、これは面白い環境に変わってきたと思っています。
今までは単純にカードパワーの差でデッキタイプの強さが決まっていましたが、
現在は少なからず、「相性」が存在しています。


今後の動向が楽しみです。
スポンサーサイト
[ 2010/12/28 02:56 ] COLUMN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

MEMBERS






COMMENTS

openclose

ACCESS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。