バトルスピリッツ攻略ブログです。主にニコニコ動画に上げた動画の解説を行っています。


LATEST VIDEO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

展開率

フォスターです。ボールス


ブレイヴの導入するにあたり、
ブレイヴ条件にあったスピリットをデッキに入れなければなりません。

そこで、なるべくならブレイヴとその条件にあうスピリットは多く入れたいところです。


現在のブレイヴ条件としては:(公式のもの)
・「グラウン・ギラス」の「コスト3以上」
・「バルガンナー」などの「コスト4以上」
・「ケルベロード」などの「コスト5以上」があります。

加えて、ブレイヴ条件で最も多いのが「コスト5以上」です。

必然的に、ブレイヴを投入するにあたり、コスト5のスピリットを多めに入れる必要が出てきます。
(※ブレイヴ単体では、ほとんど機能しないことが多いです。また、ブレイヴも「コスト5」であることが多い。)


コスト5以上を増やすと、初手で何も展開できない場面が増えます。
そこで今回は、そのバランスについて考えてみました。


詳細については、続きを読むからどうぞ。
以下の実験を試みました。

●試行内容
① デッキから5枚のカードを選出(初手+ファーストドロー)※以下初手
② ①の試行を10回繰り返す。
③ 初手で展開可能(3コスト以下のスピリットが含まれる)な場合を数える。
④ デッキ内の「コスト3以下」のカードの割合を変化させ、同手順を繰り返す。
⇒先攻の際に召喚できるスピリットの条件(※後攻であればコスト3と4の合計として考えればよい)



コストバランス

横軸は「3コスト以下のカード枚数」です。
※今回は分かりやすく、1種類ごとに3枚積みするものとして、3ずつ変化させました。


【考察】
3ずつ変化させたため、グラフの傾きの変動が大きくなってしまいましたが、
大体の様相はつかむことが出来ます。

試行内容では、「3コスト以下のスピリット」が含まれる場合としましたが、
初手で展開できるカード」と解釈しても構いません。

例えば、「4コストのネクサス」も初手で展開できるカードです。

とすると、初手で8割程度の確率で展開したいならば:
3コスト以下のスピリットを6枚
4コスト以下のネクサスを3枚
という考え方もできます。


グラフを見ると、初手で展開可能なカードを9枚ほどデッキに入れれば、
ほぼ先手から動くことが可能になります。

確実に先手から動くことは不可能なので、(全て4コスト以下にすれば可能ですが、5コストを入れる前提で考えると)8割程度の確率が保てればいいと個人的には考えます。



【結果】
初ターンに展開可能なカードを「9枚」入れれば、初ターンから動けます。

条件としては:
●先攻
・3コスト以下のスピリット
・4コスト以下のネクサス
を計9枚

●後攻
・4コスト以下のスピリット
・5コスト以下のネクサス
を計9枚

※標準的なビートダウンであれば、このバランスでいいと思いますが、
「強襲ビート」や「ソル系」のデッキは別のバランスになるでしょう。


試験的にデッキを作る際など、まずはこのバランスで作ってみるとうまく回るかもしれません。
デッキコンセプトなどもあるので、これはあくまでも「理想値」として捉えて頂けるとよろしいかと思います。
スポンサーサイト
[ 2010/10/26 03:44 ] COLUMN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

MEMBERS






COMMENTS

openclose

ACCESS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。